馬・牧場・施設 検索

オグリキャップ

写真:オグリキャップ
撮影:2007/07

プロフィール

生年月日
1985年03月27日
性別/毛色
牡/芦毛
戦績
国内:32戦22勝
総収得賞金
912,512,000円
ダンシングキヤツプ(USA)
ホワイトナルビー
母父
シルバーシヤーク(IRE)
生産者
稲葉 不奈男 (三石)
没年月日
H22-7-3
-
-
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

タイトル

  • 1990年年度代表馬
  • 1990年最優秀4歳以上牡馬
  • 1989年特別賞
  • 1988年最優秀3歳牡馬

主な戦績

  • 1990年有馬記念 G1 1着
  • 1988年有馬記念 G1 1着
  • 1990年安田記念 G1 1着
  • 1989年マイルChS G1 1着
  • 1989年毎日王冠 G2 1着
  • 1988年NzT4歳S G2 1着
  • 1988年高松宮杯 G2 1着
  • 1988年毎日王冠 G2 1着
  • 1989年ジャパンC G1 2着
  • 1989年天皇賞(秋) G1 2着
  • 1988年天皇賞(秋) G1 2着
  • 1988年ジャパンC G1 3着
  • 1989年オールカマー G3 1着
  • 1988年毎日杯 G3 1着
  • 1988年京都4歳特別 G3 1着
  • 1988年ペガサスS G3 1着
  • 1990年宝塚記念 G1 2着
  • 1989年有馬記念 G1 5着
  • 1987年中京盃 1着
  • 1988年ゴールドジュニア 1着
  • 1987年ジュニアGP 1着
  • 1987年ジュニアクラウン 1着
  • 1987年秋風ジュニア 1着

Information

2歳5月に笠松競馬場でデビューし、12戦10勝の成績を残して3歳春に中央競馬に移籍。クラシック競走は登録がなく出走できなかったが、重賞6連勝を記録して“芦毛の怪物”と言われた。天皇賞・秋、そしてジャパンCはタマモクロスの後塵を拝したが、有馬記念で同馬をくだして実力日本一に輝いた。その後スランプもあったが、1990年の有馬記念に優勝するまで丸3年間、競馬ブームの中心として活躍した。

血統解説

父ダンシングキャップは1968年米国産、87年死亡。NAR2歳チャンピオンサイアー3回。英仏で4~5歳時に20戦5勝。スチュワートC、バートンアグネスH。主な産駒にダンシングファイタ(中山牝馬S)、カツルーキーオー(北海道3歳S)、フジノダンサー(ダイオライト記念)。母ホワイトナルビーは1974年三石産、地方競馬で4勝、NAR最優秀繁殖牝馬。半妹にオグリローマン(1勝、東海公営で6勝。桜花賞)、オグリホワイト(東海公営15勝、東海ジュニアグランプリ)。

ランキング

年次サイアー
ランキング
アーニング
INDEX
種付け
頭数
1991年--65頭
1992年--60頭
1993年--61頭
1994年256位-61頭
1995年105位1.0361頭
1996年135位-57頭
1997年110位-38頭
1998年140位-9頭
1999年138位-13頭
2000年174位-7頭
2001年213位-4頭
2002年246位-6頭
2003年298位-1頭
2004年443位-6頭
2005年536位-1頭
2006年513位-2頭
2007年409位--
2008年572位--
2009年554位--
2010年603位--
2011年633位--
2012年621位--

主な産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る