重賞ウイナーレポート

2021年03月14日 金鯱賞 G2

2021年03月14日 中京競馬場 晴 重 芝 2000m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ギベオン

プロフィール

生年月日
2015年02月20日 06歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:18戦4勝
総収得賞金
207,393,000円
ディープインパクト
母 (母父)
コンテスティッド(USA)  by  Ghostzapper(USA)
馬主
(有) 社台レースホース
生産者
社台ファーム (千歳)
調教師
藤原 英昭
騎手
西村 淳也
  • 同じ週の土曜日には中山牝馬S(G3)(ランブリングアレー)も重賞を勝利している
    同じ週の土曜日には中山牝馬S(G3)(ランブリングアレー)も重賞を勝利している
  • 3月は2歳馬取材も相次いだ
    3月は2歳馬取材も相次いだ

 的中票数は僅か1票。その結果、史上最高の配当(5億5,444万6,060円)を記録した、3月14日のWIN5。その立役者となったのが、この金鯱賞(G2)では単勝オッズ227.3倍の最低人気だったギベオン。出走していたG1馬たちをあざ笑うかのような逃げ切りを見せ、中日新聞杯(G3)以来となる重賞勝利をあげた。

 「近走の戦績が冴えず、牧場スタッフの一人としても悩ましい日々が続いていました。ただ、前走(白富士S)では59キロを背負いながらも、勝ち馬と差のない5着に健闘してくれましたし、管理をする藤原(英昭)調教師からも、今年に入ってからは復調気配だと聞いていました」とは社台ファームの東礼治郎場長。3歳時には中日新聞杯(G3)を勝利しただけでなく、毎日杯(G3)、そしてNHKマイルC(G1)でも2着となったほどの実力馬でありながら、その後の重賞では勝ちきれないレースが続き、近走は二桁着順に沈むことも珍しくなくなっていた。

 ただ、昨年の金鯱賞(G2)では4着となるなど、左回りのレースでは好走を見せていたことに、陣営は活路を見出していく。

 「昨年の金鯱賞(G2)以降は、徹底して左回りのレースに使ってきました。ここも相手関係だけでなく、馬場状態を読んだ上での戦法が逃げることでした。その選択だけでなく、見事に勝ち切って見せるのですから、改めて、藤原調教師の手腕に惚れ直しました」

 鞍上の西村淳也騎手は、枠順が決まってから藤原調教師とレースプランを相談していたことを明かしており、その作戦を完璧に遂行してみせた、見事な手綱捌きと言える。また、最後の直線で有力馬が迫ってからも衰えなかった脚色は、ベストな状態でこのレースに臨ませた、厩舎スタッフの管理のたまものとも言えよう。

 ちなみにこのレースの2着馬となったデアリングタクトだが、その母であるデアリングバードは、現役時に藤原調教師の元で管理が行われていた。

 「母を良く知る調教師ですから、ライバルの血統を熟知していたというのも、この勝利とは無関係ではないような気がしています。この春の最大目標は安田記念(G1)となりますが、そこでもあっと言わせるようなレースを見せてもらいたいです」と話す東場長。得意とする左回りでスムーズに先手を取れるようならば、またまた大万馬券メイカーともなりそうだ。