重賞ウイナーレポート

2019年05月16日 のじぎく賞(GDJ)

2019年05月16日 園田競馬場 晴 良 ダ 1700m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:チャービル

プロフィール

生年月日
2016年04月08日 03歳
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:11戦4勝
総収得賞金
9,139,000円
シニスターミニスター(USA)
母 (母父)
チャームウィーク by スペシャルウィーク
馬主
村上 稔
生産者
岡田牧場 (静内)
調教師
野田 忍
騎手
中田 貴士
  • チャービルの母チャームウィークと今年生まれた当歳馬(牡、父クリエイター2)
    チャービルの母チャームウィークと今年生まれた当歳馬(牡、父クリエイター2)
  • スペシャルウィーク産駒のチャームウィーク(15歳)
    スペシャルウィーク産駒のチャームウィーク(15歳)
  • 大柄な芦毛の当歳馬
    大柄な芦毛の当歳馬
  • 仲良く並ぶ母仔
    仲良く並ぶ母仔
  • 格式高い岡田牧場のアプローチ
    格式高い岡田牧場のアプローチ

 『グランダム・ジャパン2019』3歳シーズン第7戦の「のじぎく賞(園田)」は、7番人気(単勝51.1倍)の伏兵チャービルが豪快な差し切り勝ち。連勝中の勢いそのままに、一気に重賞タイトルをつかみ取った。

 チャービルの生まれ故郷は、新ひだか町静内の岡田牧場。1989年のエリザベス女王杯(G1)を最低人気で勝利してファンを驚かせたサンドピアリスや、ダート重賞4勝を挙げたタマモストロング、2001年のCBC賞(G2)優勝馬リキアイタイカンなどを生産。近年では、重賞5勝の実績を引っさげて今年から種牡馬となったヤマカツエースの生産・育成者として各方面から注目を集めた総合牧場だ。

 「レースはテレビで見ていました。3~4コーナーで上がってきた時の手応えがすごく良かったので期待が膨らみましたが、それにしても直線は外から凄い脚で伸びましたね。気持ちの良い差し切り勝ちで、オーナーもとても喜んでおられました」とレースを振り返るのは、同牧場の代表・岡田隆寛さん。岡田さんはアロースタッドの代表も務めており、チャービルの父シニスターミニスターは同スタッド最高種付料を誇るエース格の種牡馬。昨年、一昨年は160頭を超える種付数をこなしており、日高でも有数の人気種牡馬として定着している。「シニスターミニスターは、アメリカで私が見つけ出して導入した種牡馬なんです。ですから産駒たちの活躍は、我がことのように嬉しいんですよ。長くダート競馬を牽引してきたサウスヴィグラスの後釜として、まだまだ頑張ってほしいですね。そして、なんとか産駒にG1を勝ってもらいたいと願っています」と、岡田さんは父シニスターミニスターについても熱く語ってくれた。

 チャービルの母チャームウィークは、JRAのダート短距離戦で2勝したスペシャルウィーク産駒。今年生まれた牡馬を含めてこれまでに7頭の仔を出産しており、チャービルはその5番仔にあたる。「チャームウィーク自身も大柄な繁殖牝馬ですが、父が変わっても生まれて来る仔はみんな大きいんですよ。チャービルも幼少期から馬体の大きさが目立つ馬でしたが、いまでは520kg近くになっていますもんね。今年生まれた父クリエイター2の牡馬も、同期の馬と比べてひとまわり以上大きいです」と岡田牧場繁殖スタッフの皆さんは口を揃える。「チャームウィークはもともとタマモ(株)さんの所有馬だったのですが、お腹の中にアルデバラン2の仔(のちにJRAで4勝するタマモアタック)が宿っているときにお預かりし、その後に譲り受けた繁殖牝馬なんです。チャービルの1つ上のハナザカリ(父ルーラーシップ)も今年JRAで勝利を挙げてくれましたし、本当に良い母馬を導入できたと思っています」と、岡田さんは母のチャームウィークを褒め称える。

 岡田牧場で順調に育ったチャービルは1歳夏、北海道サマーセールに上場。村上稔氏が落札し、兵庫競馬でデビューすることになった。「村上オーナーとは祖父の代からのお付き合いなのですが、そのサマーセールでは園田で走らせる馬を探しておられたので、チャームウィークの仔をお勧めしたんです。そしたら競り合いにならず、村上オーナーのひと声で決まってしまいました(笑)」と、サマーセール当日のエピソードを明かしてくれた。

 「チャービルはまだ3歳馬ですし、もう1つでも2つでも重賞を勝ってオーナーに喜んでいただきたいです。そして怪我なく無事に走り、将来は牧場へ戻って血をつないでくれると最高ですね」とチャービルの未来に期待を寄せる岡田さん。ヤマニンアンプリメやゴールドクイーンなど、シニスターミニスター産駒の牝馬がダートグレード競走の主役となっている昨今、さらに父の名声を高めるような活躍を今後のチャービルには期待したい。