重賞ウイナーレポート

2020年04月11日 阪神牝馬S G2

2020年04月11日 阪神競馬場 晴 良 芝 1600m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:サウンドキアラ

プロフィール

生年月日
2015年03月31日 05歳
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:17戦7勝
総収得賞金
259,347,000円
ディープインパクト
母 (母父)
サウンドバリアー by アグネスデジタル(USA)
馬主
増田 雄一
生産者
社台ファーム (千歳)
調教師
安達 昭夫
騎手
松山 弘平

 サウンドキアラの勢いが止まらない。今年の京都金杯(G3)で初重賞制覇をあげると、そこから京都牝馬S(G3)、そしてこの阪神牝馬S(G2)と重賞3連勝。しかもこれまでの6勝は全て京都コースだったものの、これまで勝ち鞍をあげたことがなかった阪神コースでも勝ちきったレース内容からも、その充実ぶりがうかがえる。

 「これまでにも阪神コースでは好走していたものの、勝ち切っていませんでした。レース前は少し心配もありましたが、全く杞憂に終わりましたね」と話すのは、社台ファームの東礼治郎場長。好スタートを切ったサウンドキアラは5番手をキープ。インコースに進路を構えて直線に向くと、前が開いた瞬間に加速を始めていく。残り一ハロンを過ぎてから先頭に立つと、そのまま押し切ってみせるという、まさに横綱相撲と呼ぶべきレース内容だった。

 「道中の手ごたえも抜群でしたし、G1にも出走しているような強豪を相手にしながらの完勝でしたので、次走が本当に楽しみです」

 次走はヴィクトリアマイル(G1)への出走を表明。昨年は1000万下の六波羅特別を勝利した後、格上挑戦で挑んだレースだったが、0秒7差の7着に敗れている。

 「昨年と同様にチャレンジャーの立場であることに変わりはないですが、この勢いでG1に臨めることを嬉しくいます。改めて、安達厩舎のスタッフの皆さんと、鞍上の松山騎手、そして、応援してくださる方々に感謝申し上げます」と東場長。昨年は18頭中の15番人気だったが、今回は上位人気に支持されることは間違い無い。今年のヴィクトリアマイル(G1)は、例年以上の好メンバーが揃った印象もある。それでも勢いという意味ならば、メンバー中一番と言えるサウンドキアラが、一気に女王の座に躍り出ても何ら不思議では無い。