馬・牧場・施設 検索

ブラックタイド

写真:ブラックタイド
撮影:14/12
ブラックタイド

プロフィール

生年月日
2001年03月29日
性別/毛色
牡/黒鹿毛
戦績
国内:22戦3勝
総収得賞金
162,071,000円
母父
Alzao(USA)
生産者
ノーザンファーム (早来)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 2004年スプリングS G2 1着
  • 2004年きさらぎ賞 G3 2着
  • 2008年都大路S オープン 2着
  • 2007年オーストラリアT オープン 2着
  • 2006年アンドロメダS オープン 2着
  • 2007年中山金杯 G3 3着
  • 2006年ディセンバーS オープン 3着
  • 2006年小倉日経OP オープン 3着
  • 2004年若駒S オープン 1着

Information

2歳12月に阪神競馬場でデビュー。圧倒的人気に支持された新馬戦でスウィフトカレント相手に完勝。キャリア1戦で挑んだラジオたんぱ杯2歳S(G3)はコスモバルクの逃げ切りを許して4着だったが若駒Sを快勝。きさらぎ賞(G3)は2着と不覚をとったがスプリングS(G2)で豪快な追い込みを披露して重賞初優勝を飾る。しかし2番人気で出走した皐月賞(G1)で大敗後、屈腱炎を発症して1年半以上にも及ぶ休養を余儀なくされ、以降、その爆発的な末脚は見ることができなくなった。それでも中山金杯(G3)3着ほかオープン特別で2着するなど、能力の片鱗は見せた。

血統解説

父サンデーサイレンスは1986年生、青鹿毛、米国産。米国年度代表馬、9勝、ケンタッキーダービー(G1)、ブリーダーズCクラシック(G1)など。91年から日本で種牡馬となり95年~07年総合チャンピオンサイアー。94、95、97~05年2歳チャンピオンサイアー。06~08年チャンピオンブルードメアサイアー
母ウインドインハーヘアは1991年愛国産、英2勝、独1勝。アラルポカル(G1)、英オークス(G1)2着。産駒にディープインパクト(年度代表馬=2回、三冠馬、ジャパンC(G1)、有馬記念(G1)、天皇賞(春)(G1)、宝塚記念(G1))レディブロンド(5勝、セプテンバーS、スプリンターズS(G1)4着)オンファイア(1勝、東京スポーツ杯2歳S(G3)3着)

ランキング

年次サイアー
ランキング
アーニング
INDEX
種付け
頭数
2009年 - - 150頭
2010年 - - 143頭
2011年 - - 166頭
2012年 91位 - 170頭
2013年 57位 - 125頭
2014年 28位 - 122頭
2015年 17位 1.00 194頭
2016年 12位 1.53 101頭
2017年 11位 1.53 149頭
2018年 20位 - 90頭
2019年 22位 - 80頭
2020年 23位 - 73頭
2021年 23位 - 46頭
2022年 33位 - -

主な産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る