馬・牧場・施設 検索

ディアデラノビア

写真:ディアデラノビア
撮影:2009/07

  • 繋養先:ノーザンファーム
  • 見学可否:見学不可
    • 見学不可の馬は、その所在地を情報としてお知らせしているものです。牧場に直接問い合わせたり、訪問する行為は絶対にやめてください。

プロフィール

生年月日
2002年01月28日
性別/毛色
牝/栗毛
戦績
国内:23戦5勝 | 海外:2戦0勝
総収得賞金
328,021,000円
サンデーサイレンス(USA)
ポトリザリス(ARG)
母父
Potrillazo(ARG)
生産者
ノーザンファーム (早来)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 2005年フローラS G2 1着
  • 2005年オークス G1 3着
  • 2007年京都牝馬S G3 1着
  • 2007年愛知杯 G3 1着
  • 2006年エリザベス女王杯 G1 3着
  • 2006年ヴィクトリアマイル G1 3着
  • 2007年阪神牝馬S G2 3着
  • 2006年マイラーズC G2 3着
  • 2006年オールカマー G2 3着
  • 2006年中山牝馬S G3 2着
  • 2006年府中牝馬S G3 3着
  • 2007年エリザベス女王杯 G1 4着
  • 2005年白梅賞 500万下 1着

Information

2歳12月に阪神競馬場でデビュー。410キロ台の小さな体ながら、鋭い決め手を武器に新馬、特別を連勝。桜花賞(G1)は抽選漏れとなったが、フローラS(G2)で重賞初V。3番人気で出走したオークス(G1)はシーザリオからコンマ1秒差の3着だった。骨折で秋は全休も4歳1月に復帰し、なかなか勝ちきれずにヴィクトリアマイル(G1)はダンスインザムードの3着でエリザベス女王杯(G1)はフサイチパンドラ(カワカミプリンセス1位入線降着)の3着。香港遠征で結果を出せなかったが帰国初戦の京都牝馬S(G3)を追い込んで4馬身差の圧勝。1年9か月ぶりの重賞制覇に花を添えた。その後再び勝ちきれないレースを続けたが、同年の暮れの愛知杯(G3)はトップハンデをものともせずに優勝した。

血統解説

父サンデーサイレンスは1986年米国産、米国年度代表馬、9勝、ケンタッキーダービー(G1)、ブリーダーズCクラシック(G1)など。95年~07 年総合チャンピオンサイアー。94、95、97~05年2歳チャンピオンサイアー。06~08年チャンピオンブルードメアサイアー。おもな後継種牡馬にディープインパクト、アグネスタキオンなど
 母ポトリザリスは1995年生、亜国産、亜年度代表牝馬、亜3歳牝馬チャンピオン、亜4勝、亜ダービー(G1)、亜オークス(G1)。おばポトリディー(亜2歳牝馬チャンピオン)ポトリチャリル(プラタC大賞典(G1))ポトリナー(亜1000ギニー大賞典(G1))いとこダノンゴーゴー(ファルコンS (Jpn3))

産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る