重賞ウィナーレポート

2024年02月25日 阪急杯 G3

2024年02月25日 阪神競馬場 小雨 重 芝 1400m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ウインマーベル

プロフィール

生年月日
2019年05月08日 05歳
性別/毛色
牡/栗毛
戦績
国内:21戦6勝
総収得賞金
322,405,000円
アイルハヴアナザー(USA)
母 (母父)
コスモマーベラス  by  フジキセキ
馬主
(株) ウイン
生産者
コスモヴューファーム (新冠)
調教師
深山 雅史
騎手
松山 弘平

 優勝馬には高松宮記念(G1)への優先出走権が付与される阪急杯(G3)が2月25日に阪神競馬場芝1400mで行われ、松山弘平騎手騎乗の1番人気ウインマーベルが互角のスタートから二の脚利かせて好位に取り付き、最後は逃げ粘ろうとする3番人気アサカラキング、一歩毎に差を詰めてきた9番人気サンライズロナウドとの接戦を制して1分21秒2で先頭ゴールイン。暮れの阪神C(G2)に続く重賞勝利で通算成績を21戦6勝2着4回3着3回(重賞3勝)とした。鞍上の松山弘平騎手の重賞勝利は昨年阪神C(G2)以来で通算42勝目。深山調教師も昨年の阪神C(G2)以来の重賞勝利で通算3勝目となった。

 ウインマーベルの生まれ故郷は新冠町コスモヴューファーム。1996年創業と比較的新しい牧場だが、生産、中期育成、調教、休養を行う総合牧場でオールカマー(G2)や日経賞(G2)、香港ヴァーズ(G1)優勝のウインマリリンや中山記念(G2)連覇など重賞5勝(ほか海外重賞2勝)ウインブライト、2022年サマーマイルチャンピオンのウインカーネリアンなどを送り出してきた。生産馬によるJRA重賞勝利は昨年の阪神C(G2)以来で通算18勝目。

 (株)ウインの岡田義広代表は「当日、私はサウジアラビアの「1351ターフスプリント(G2)」に出走していたウイングレイテストを応援するためにサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場へ出向いていましたので、ちょうど空港で見ていました」と教えてくれた。

 「阪神C(G2)を勝ったあとは、ここを目標にリフレッシュ放牧に出していました。当日、私は日本にいなかったので馬場状態がよくわからなかったのですが、あまり馬場が悪くならないようにと願っていましたが、この馬の能力を出し切れるような競馬になれば好勝負になると思っていました」とレース前の心境を語ってくれた。

 遠く離れた中東の地から見た会心の勝利に「阪神C(G2)が最高の出来だったといいますので、それと比較するとかわいそうだったかもしれませんが、得意ではない馬場状態だったにもかかわらず、勝ったことを嬉しく思います。着差はわずかでしたが、最大目標とするレースへ向かうのに勝って進むのと、負けていくのでは大きく違いますからね」と白い歯を見せ「ゲートを上手に出られない時期もありましたが、しっかりと教え込んでくれた厩舎関係者に感謝しています。阪急杯(G3)のあとは、そのまま美浦トレセンに残って高松宮記念(G1)に備えています。ゲートに関しては、まだ完全に不安がなくなったわけではないという話ですが、ここ数戦のようにゲートを決めてくれれば好勝負できると思っています。あとは、馬場状態。昨年はひどい馬場で力を出し切れませんでしたが、今年は良馬場でやりたいですね」と願いを込めている。