重賞ウイナーレポート

2022年03月26日 日経賞 G2

2022年03月26日 中山競馬場 曇 稍重 芝 2500m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:タイトルホルダー

プロフィール

生年月日
2018年02月10日 04歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:10戦4勝
総収得賞金
589,331,000円
ドゥラメンテ
母 (母父)
メーヴェ(GB)  by  Motivator(GB)
馬主
山田 弘
生産者
岡田スタツド (静内)
調教師
栗田 徹
騎手
横山 和生

 昨年のワールドプレミアはじめ、連覇を成し遂げたフェノーメノやマイネルキッツ、マンハッタンカフェらが天皇賞(春)(G1)へのステップレースに選んだ日経賞(G2)が3月26日、中山競馬場で行われ、新ひだか町の岡田スタッド生産馬でセレクトセール取引馬タイトルホルダーが逃げ切り勝ち。昨年の菊花賞(G1)以来の重賞勝利で通算成績を10戦4勝2着2回とした。

 タイトルホルダーの父は2冠馬ドゥラメンテで、母は英国産メーヴェ。半姉には350kgに満たない体で牡馬に交じって菊花賞(G1)5着メロディーレーンがいる血統だ。菊花賞(G1)を勝った際には「父仔で三冠」と新聞の紙面を賑わせた。

 レースをテレビで見ていたという岡田スタッドの岡田牧雄さんは「報道されたとおり、有馬記念(G1)のあと脚部不安を発症して、予定していたレースプランが1度白紙になった経緯があります。今回もレースに向けての追いきりでも手前を変えないなど、決して褒められるような状態ではなかったと思いますが、人気に応えるように堂々とした走りで、勝てて嬉しい」と笑顔を見せた。

 「逃げたのは予定どおりだと思いますが、レースの前は不安しかありませんでした。後続の馬にマークされるようなレースになり、ゴール前では内の馬に1回交わされてしまったようにも見えましたが、それでも勝てたことで改めてこの馬の能力を認めたところです」と感心しきり。

 生まれた時から期待の大きな馬で、牧場での育成時代から高い能力を認められた馬。昨年秋のセントライト記念(G2)では大きな不利があって実力を発揮することができなかったが、菊花賞(G1)を堂々と5馬身差で逃げ切って留飲を下げた。

 日経賞(G2)のあとは短期放牧でリフレッシュ。春の最大目標である天皇賞(春)(G1)へと駒を進めることになった。

 「阪神競馬場の長距離戦は昨年の菊花賞(G1)を勝った縁起が良いコース。デビュー前から菊花賞(G1)が最大目標と言い続けてきた馬ですが、その菊花賞(G1)を勝ったときから、このレースが目標でした」と話す。

 目標という天皇賞(春)(G1)の出走想定メンバーでは唯一のG1ホルダー。それも今回と同じ阪神競馬場でのG1優勝馬で期待も膨らむ。

 「いつも言うことですが、この馬も武器は豊富な心肺機能から生み出されるスタミナ。今回のレースも、おそらく逃げるような形になると思いますが、悔いが残らないように自分の競馬をして欲しい」と願っている。