重賞ウイナーレポート

2014年04月28日 留守杯日高賞(GDJ)

2014年04月28日 水沢競馬場 曇 良 ダ 1600m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:コパノバウンシ

プロフィール

生年月日
2011年03月24日 03歳
性別/毛色
牝/栗毛
戦績
国内:11戦4勝
総収得賞金
7,695,000円
サウスヴィグラス(USA)
母 (母父)
トリックアート by ダンスインザダーク
馬主
小林 祥晃
生産者
伊藤 敏明 (静内)
調教師
松浦 裕之
騎手
矢野 貴之
  • コパノバウンシの母トリックアート(13歳)
    コパノバウンシの母トリックアート(13歳)
  • トリックアートは今年、ジャングルポケットを交配
    トリックアートは今年、ジャングルポケットを交配
  • コパノバウンシの生産者・伊藤敏明さんとトリックアート
    コパノバウンシの生産者・伊藤敏明さんとトリックアート
  • 伊藤敏明牧場の放牧地(バックアタックとトリックアート)
    伊藤敏明牧場の放牧地(バックアタックとトリックアート)
  • 伊藤敏明牧場の厩舎
    伊藤敏明牧場の厩舎
  • 伊藤敏明牧場の看板
    伊藤敏明牧場の看板

 『グランダム・ジャパン』3歳シーズン第5戦「留守杯日高賞(水沢)」は、笠松から4頭、南関東から2頭の遠征馬を地元勢6頭が迎え撃つ一戦となったが、大井競馬所属のコパノバウンシが1番人気の支持に応え、2着馬に4馬身をつける快勝を収めた。

 コパノバウンシの生産者は、新ひだか町静内浦和の伊藤敏明さん。1974(昭和49)年に牧場を創業し、過去には2010年のユングフラウ賞(浦和)を制したバックアタックなどの活躍馬を生産。また、コパノバウンシの半兄に当たるハカタドンタク(父フレンチデピュティ)も同牧場の生産馬で、岩手競馬の重賞を3勝するなどの活躍を見せている。

 「レース前は無事に走ってくれれば、という思いで見ていました。小回りコースですから、スムーズに前々で競馬できたことが勝利につながりましたね。前走は惜しくも2着に敗れていたので、今回は勝つことができて嬉しいです」と喜びのコメントを寄せてくれた伊藤敏明さん。「忙しい毎日を送っていますが、本当に励みになる走りでした」と、奥さまの淳子さんも声を弾ませる。

 「とても丈夫な馬で、順調に育ちました。気性はおとなしく、少し短めの脚はサウスヴィグラス産駒の傾向が出ましたね」とコパノバウンシの牧場時代を振り返る敏明さん。約1年間を牧場で過ごしたが、当時は“マナちゃん”という愛称で呼ばれていた。つぶらな瞳と従順な性格が、人気子役の芦田愛菜ちゃんを連想させることから、淳子さんがそう名付けたそうだ。「半兄のハカタドンタクは大きな馬で、力士の琴欧州からとって“オーシュウ”と呼んでいました(笑)。それとは対照的に“マナちゃん”は小さかったのですが、走るのが大好きな仔で、当歳時から放牧地を走りまわっていた光景を思い出します」と淳子さんも懐かしげに話してくれた。

 コパノバウンシの母トリックアートは社台ファームの生産馬で、2001年のセレクトセール取引馬。半兄に愛知杯(G3)の覇者サクラエキスパートがいる良血馬で、当歳時に945万円(税込)で落札されている。美浦の小島太厩舎からデビューし、競走成績は15戦1勝だったが、繁殖牝馬としてハカタドンタク、コパノバウンシの兄妹がつづけて重賞馬となり、父ダンスインザダーク×母父ノーザンテーストの底力を花開かせた。「トリックアートは現在も元気に繁殖生活を送っています。今年は芝適性の高い仔を狙い、ジャングルポケットを交配しました」と殊勲の母を紹介。コパノバウンシの1歳下には父にコパノフウジンを持つ2歳牝馬(馬名キモンイーグル)がいて、兄ハカタドンタクと同じ水沢・板垣吉則厩舎へ所属し、岩手競馬からデビューする予定だ。

 「これからも無事に、息長く走ってくれることを願っています。家族経営なのでなかなか現地まで応援に行けませんが、北海道の競馬場で走ることがあれば応援に駆けつけたいですね。そして将来は、牧場に帰ってきて欲しいです」と愛馬にエールを送る伊藤ご夫妻。今年に入ってフェブラリーS(G1)(コパノリッキー)、高松宮記念(G1)(コパノリチャード)、北斗盃(ラブミーブルー)、かしわ記念(Jpn1)(コパノリッキー)と、飛ぶ鳥を落とす勢いのDr.コパさん所有馬。その勢いに乗って、ハカタドンタク&コパノバウンシの兄妹が、さらに大きな舞台で飛躍してくれることに期待したい。