重賞ウイナーレポート

2012年01月28日 シルクロードS G3

2012年01月28日 京都競馬場 晴 良 芝 1200m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ロードカナロア

プロフィール

生年月日
2008年03月11日 04歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:8戦6勝
総収得賞金
669,958,000円
キングカメハメハ
母 (母父)
レディブラッサム by Storm Cat(USA)
馬主
(株) ロードホースクラブ
生産者
ケイアイファーム (三石)
調教師
安田 隆行
騎手
福永 祐一
  • ロードカナロアの母レディブラッサム
    ロードカナロアの母レディブラッサム
  • レディブラッサム
    レディブラッサム
  • ディープインパクトの子供を受胎中
    ディープインパクトの子供を受胎中
  • レディブラッサム、同週に産駒が新馬勝ちを決めたレディパステルと一緒に記念撮影
    レディブラッサム、同週に産駒が新馬勝ちを決めたレディパステルと一緒に記念撮影

 春の芝短距離G1を睨んでのステップレース、シルクロードステークス(G3)は勢いに乗る明け4歳馬・ロードカナロアが快勝。断然人気のプレッシャー、重いハンデも何のその、高いスピード能力を見せつけて、連勝を5に伸ばした。

 本馬の生産は新ひだか町三石のケイアイファーム。最近、活躍している生産馬には、昨年の中山牝馬S(G3)の勝ち馬レディアルバローザ、皐月賞(G1)3着馬ダノンバラードなどがいる。同牧場・繁殖スタッフの杉山寿広さんはこうレースを振り返る。「場長の自宅でスタッフみんなと観戦していました。レース前は期待と不安を抱えながら、という気持ちでしたね。最後の直線で鋭く伸びて、逃げ馬を捕えた時には勝てると思いました。本当に素晴らしい決め脚でしたね。レースのたびに進化を感じさせる走りを披露してくれて、この馬にはいつも驚かされます。」

 牧場時代の本馬といえば、とりわけ目立ったタイプではなかったという。「母馬はやや小柄なのですが、カナロアはガッチリした体型をしていて、順調に成長しました。今では500kgですから、大きく育ちましたね。母馬は馬に対して強く、放牧地ではボスなのですが、それが産駒へ闘争心、勝負根性として受け継がれているのでしょう。」と、杉山さんは話す。

 母レディブラッサムは現役時代、芝ダート短距離で5勝。祖母サラトガデューはアメリカでG1を2勝し、3歳牝馬チャンピオンに輝いた馬で、期待の牝系がついに本領発揮している。本馬に続く妹、弟には2歳に父ネオユニヴァースの牝馬、1歳に父マンハッタンカフェの牡馬がいる。

 杉山さんは、「2歳の妹は母に似て気が強く、軽さがあって、動きも良いです。どちらかと言うとスピードタイプでしょうね。1歳の弟は父母の長所が生かされていて、バランスの良い馬です。こちらは距離がもちそうなイメージです。」と、紹介してくれた。母レディブラッサムは現在、ディープインパクトを受胎中で、出産予定日は5月1日。また、同牧場にはレディブラッサムの4番仔にあたるレディサファイア(父シンボリクリスエス)が里帰りしており、クロフネの初仔を受胎中。これから更に繁栄の一途をたどるファミリーだろう。

 同牧場ではすでに当歳馬が産まれており、3、4月にかけて出産のピークを迎える。新しい命の誕生に向き合う現場では、絶えず気力・体力をフル回転させていく毎日に、生産馬の躍進は大きな励みとなるはずだ。

 杉山さんは、「今度はG1挑戦となるようですが、また一段とレベルが上がりますからね。左回りも未経験ですが、うまくクリアして欲しいです。」と、その歩みを温かく見守っている。短距離界に現れた新星・ロードカナロア。故郷のみんなを驚かせる強い走りは、まだまだ続いていく予感がしてならない。


競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/