重賞ウイナーレポート

2020年04月25日 福島牝馬S G3

2020年04月25日 福島競馬場 晴 良 芝 1800m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:フェアリーポルカ

プロフィール

生年月日
2016年02月25日 04歳
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:10戦4勝
総収得賞金
122,168,000円
ルーラーシップ
母 (母父)
フェアリーダンス by アグネスタキオン
馬主
山本 剛士
生産者
ノーザンファーム (安平)
調教師
西村 真幸
騎手
和田 竜二

 前走の中山牝馬S(G3)で初重賞制覇をあげたフェアリーポルカ。その時と同じ3番人気で臨んだ福島牝馬S(G3)では、最後の直線でインコースを鋭く駆け抜け、見事に重賞2勝目を飾った。

 「前走は雪の降る中、馬場も悪化してのレースだったので、今回が試金石になると思っていました」と話すのはノーザンファーム早来の佐藤洋輔厩舎長。これまでの競走成績を振り返っても、一度も1番人気になったことがないフェアリーポルカではあったが、今回はヴィクトリアマイル(G1)を睨んだメンバーが揃ったこともまた、その評価を陰らせてしまったのかもしれない。

 だが、そのレースぶりは1番人気馬たるような堂々としたものだった。道中は中団よりやや後方の位置取りながら、そこでじっくりと脚をためていく。3コーナーから4コーナーにかけて馬群が一気に凝縮する中ではポジションを決めて行くと、4コーナーを過ぎて前が開けた時に一気に加速。上がり34秒5の脚はメンバー中最速ともなった。

 「これまでのレースとは違い、道中は後方からとなりました、ジョッキーが上手く捌いてくれました。勝つときは何もかも上手く行くのでしょうね」

 3歳の春までは重賞に手が届いていなかったフェアリーポルカだったが、一変したのは3歳の夏に牧場で調整を行ってからとなる。育成時は緩さのあった馬体がしっかりとしてくるにつれて、走りには切れと力強さが出てきた。

 「まさにメキメキと力を付けた印象でした。元々恵まれた馬体をしていましたが、これなら競馬でも能力を出せると思えた程です」

 そこに古馬となっての成長力が加わったのが、今のフェアリーポルカの姿と言えるだろう。1着馬にはヴィクトリアマイル(G1)の優先出走権が与えられるレースともなっているが、この後はクイーンS(G3)を視野に入れたローテーションが組まれることとなる。

 「連戦の疲れもあるのでしょうし、エリザベス女王杯(G1)を目指したローテーションをオーナーと西村先生が考えてくれたと思います」と話す佐藤厩舎長。レースの後は厩舎スタッフと共にジュースで乾杯したとも教えてくれる。

 「この状況下の中、どうしても暗いニュースばかりが目に入ってしまいますが、こうして馬が勝ったことで喜びを分かち合える仲間がいて、何よりも競馬が開催され続けているのが、本当に有り難いと思います」

 きっと、フェアリーポルカの優勝した姿に勇気づけられた競馬ファンも多いはず。積みかさねてきた喜びは、この秋、多くのファンが詰めかける競馬場での、G1制覇という、歓喜の瞬間へと繋がっていくはずだ。