重賞ウイナーレポート

2020年03月22日 阪神大賞典 G2

2020年03月22日 阪神競馬場 曇 良 芝 3000m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ユーキャンスマイル

プロフィール

生年月日
2015年05月03日 05歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:15戦6勝
総収得賞金
320,602,000円
キングカメハメハ
母 (母父)
ムードインディゴ by ダンスインザダーク
馬主
金子真人ホールディングス (株)
生産者
ノーザンファーム (安平)
調教師
友道 康夫
騎手
岩田 康誠
  • 育成馬の中には、すでに移動した馬もいる
    育成馬の中には、すでに移動した馬もいる
  • 天皇賞(春)(G1)には、昨年の優勝馬で、厩舎の育成馬であるフィエールマンも出走予定
    天皇賞(春)(G1)には、昨年の優勝馬で、厩舎の育成馬であるフィエールマンも出走予定

 昨年のリベンジの準備は整った。昨年のダイヤモンドS(G3)と新潟記念(G3)に続き、重賞3勝目をこの阪神大賞典(G2)で飾ったユーキャンスマイル。芝3000m以上の距離では5戦2勝、2着1回、3着1回という現役屈指のステイヤーが、G2勝利という結果を携えて、5度目のG1挑戦へと挑む。

 このレースでも2番人気の支持を集めていたユーキャンスマイルだが、これまでの重賞実績だけでなく、陣営も認めているように、左回りの方が好走していたのも事実。距離やメンバー構成も含めて、まさに天皇賞(春)(G1)を睨んだ試金石のレースにおいて、まさに勝利という形での一発回答を果たしてみせた。

 「これまでの競馬でも、折り合いの不安を見せることは無かったですし、距離の不安は全くありませんでした。その一方で右回りだと最後の直線でささる面も見せていたので、その辺りがどうなるかとも思っていました」と話すのは、育成時や休養時において、幾度となくユーキャンスマイルの成長過程を見てきたノーザンファーム空港の高見優也厩舎長。「中間の状態もいいと聞いていたので、レース前から期待をしていました」とも教えてくれる。

 レースは1番人気に支持されたキセキがまさかの出遅れ。その後、キセキは1週目のゴール板を過ぎた辺りで一気にポジションを上げていくも、ユーキャンスマイルが動き出したのは3コーナー手前からだった。最後の直線ではキセキを前に置く形となったが、脚色が鈍ったのを見越したかのようにインコースから一気に抜け出して、後続との差をみるみる引き離していった。

 「勝負どころで動いた時もしっかりと走れていましたし、最後の直線に向いた時には勝てると思いました。ささる面も見られなかったように、年齢や経験を重ねながら、より、完成に近づいたことを証明してくれました」

 目標とする天皇賞(春)(G1)だが、このレースには昨年の勝ち馬であり、そして、高見厩舎長が管理をしてきた、C-1厩舎出身のフィエールマンも出走を予定している。

 「昨年はフィエールマンが優勝、同じく育成馬のグローリーヴェイズが2着となったレースであり、今年もいい結果を残してもらいたいです。ユーキャンスマイルにも昨年(5着)以上の成績を残して欲しいと思いますし、今の充実ぶりならば、それも可能だと思います」

 今年の天皇賞(春)(G1)も、C-1厩舎の育成馬たちから目が離せない。