馬産地ニュース

デクラレーションオブウォーがスタッドイン

  • 2018年12月25日
  • スタッドインしたデクラレーションオブウォー
    スタッドインしたデクラレーションオブウォー
  • アメリカからの長距離輸送も無事にクリア
    アメリカからの長距離輸送も無事にクリア
  • 父は世界が注目するウォーフロント
    父は世界が注目するウォーフロント
  • 輝かしい戦績を誇る新種牡馬のプレート
    輝かしい戦績を誇る新種牡馬のプレート

 12月21日午前7時過ぎ、新ひだか町静内田原にある日本軽種馬協会静内種馬場に、同協会がアメリカから導入した輸入新種牡馬デクラレーションオブウォーがスタッドインした。

 デクラレーションオブウォーは父ウォーフロント、母テンポウエスト、母の父ラーイという血統。2009年生まれの牡9歳のアメリカ産馬。

 デクラレーションオブウォーは現役時代、フランス、アイルランド、イギリス、フランス、アメリカで13戦7勝。4歳時の2013年にヨークインターナショナルS(G1)、クイーンアンS(G1)と芝で2つのG1レースに優勝したほか、ダート初挑戦のBCクラシック(G1)でも僅差3着と能力の高さを示した。

 現役を引退して2014年からアイルランドで種牡馬入りし、翌2015年からはアメリカで供用。現3歳の初年度産駒からいきなり、本年の仏2000ギニー(G1)に勝利したオルメド、バリーオーガンS(G3)に勝利したアクトレスなどを、2年目産駒からもウィズアンティシペイションS(G3)に勝利したオプリなどを送り出している。日本ではモズエロイコ、ジャスパージャックが勝利をあげている。

 来年度の種付料は前払不受胎返還条件で230万円。10月26日から11月12日までの配合申込には配合頭数以上の申し込みが寄せられ、現在は満口の状況という。

 中西信吾場長は「アメリカからの長距離輸送を無事クリアして、とても良い状態でスタッドインできホッとしているところです。全身が筋肉で覆われすごく柔らかい馬体をしていますね。自身の競走成績もさることながら、産駒も走っています。現役時代は高いレベルで安定した走りを見せていました。芝もダートも走りますし、2000mからクラシックまで楽しめると思います。芝もダートも好条件がそろう、まさに日本向きの種牡馬といえます。この後はすぐに種畜検査を受けて、来年の2月10日から始まる種付けに向けて準備をします。生産者や馬主、関係者の方々は一度実馬を見ていただければ、種付けしたいと思う馬体をしてると思います。競馬ファンの方はノーザンダンサーからさかのぼる優秀な血がサンデーサイレンス系の牝馬などとの融合で、どんな走りを見せるかデビューを楽しみにしていただきたいです。また、ゆくゆくはジャパン産の産駒で海外の大レースに出走する日が来ればうれしいですね」とコメントした。

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/