馬・牧場・施設 検索

シーイズトウショウ

写真:シーイズトウショウ
撮影:12/09
シーイズトウショウ

プロフィール

生年月日
2000年04月02日
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:37戦7勝 | 海外:1戦0勝
総収得賞金
504,499,000円
サクラバクシンオー
ジェーントウショウ
母父
トウショウフリート
生産者
トウショウ牧場 (静内)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 2006年セントウルS G2 1着
  • 2003年CBC賞 G2 1着
  • 2003年桜花賞 G1 2着
  • 2006年CBC賞 G3 1着
  • 2005年函館スプリントS G3 1着
  • 2004年函館スプリントS G3 1着
  • 2006年高松宮記念 G1 3着
  • 2005年CBC賞 G2 3着
  • 2006年函館スプリントS G3 2着
  • 2006年キーンランドC G3 2着
  • 2004年阪急杯 G3 2着
  • 2002年ファンタジーS G3 2着
  • 2002年阪神ジュベナイルフィリーズ G1 4着
  • 2004年高松宮記念 G1 5着
  • 2005年TV愛知OP オープン 1着
  • 2003年アンドロメダS オープン 2着
  • 2002年野路菊S オープン 2着
  • 2003年福島民友C オープン 3着
  • 2003年紅梅S オープン 3着

Information

2歳夏の小倉競馬場でデビュー。軽快なスピードを武器に新馬戦を快勝したものの、その後は惜敗を重ねた。ファンタジーS2着で権利をとったG1桜花賞はスティルインラブの2着でアドマイヤグルーヴに先着した。惜敗続きでなかなか勝ち星に恵まれず、2勝目は同年秋のCBC賞という個性派だった。以降、短距離の重賞の常連として活躍し、函館スプリントS2連覇、CBC賞2勝などキャリアアップ。06年にはサマースプリントチャンピオンに輝いた。

血統解説

父サクラバクシンオーは1989年早来産、最優秀短距離馬。3~5歳時に21戦11勝、スプリンターズS2回、スワンS、クリスタルC、ダービー卿チャレンジトロフィー。主な産駒にショウナンカンプ(G1高松宮杯)エイシンツルギザン(G2NZトロフィー)、デンシャミチ(G2京王杯2歳S)メジロマイヤー(G2きさらぎ賞)ブランディス(最優秀障害馬)。母ジェーントウショウは1996年生、静内産、出走馬。おばシスタートウショウ(最優秀3歳牝馬、G1桜花賞、G1オークス2着)、おじトウショウオリオン(G3北九州記念)。

産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る