馬・牧場・施設 検索

マチカネフクキタル

写真:マチカネフクキタル
撮影:11/05
マチカネフクキタル~1

  • 繋養先:小須田牧場
  • 見学可否:見学可
    • 当日の天候・馬の状態などで急きょ見学が中止される場合があります。

プロフィール

生年月日
1994年05月22日
性別/毛色
牡/栗毛
戦績
国内:22戦6勝
総収得賞金
370,246,000円
クリスタルグリツターズ(USA)
アテナトウシヨウ
母父
トウシヨウボーイ
生産者
信成牧場 (浦河)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 1997年菊花賞 G1 1着
  • 1997年神戸新聞杯 G2 1着
  • 1997年京都新聞杯 G2 1着
  • 1999年京都記念 G2 2着
  • 1999年産経大阪杯 G2 2着
  • 1999年宝塚記念 G1 5着
  • 1997年プリンシパルS オープン 2着
  • 1997年さくらんぼS 900万下 1着
  • 1997年ムーニーバレーRC賞 500万下 1着

Information

3歳時にプリンシパルSでサイレンススズカの2着に入り、その年の日本ダービーに出走を果たす(7着)。その後、条件戦を勝利して臨んだ神戸新聞杯ではサイレンススズカを、京都新聞杯ではメジロブライトをと、後のGI馬を続けて退け、上がり馬として注目を集める。菊花賞では血統面から距離の不安もささやかれ3番人気の支持でしかなかったが、レースでは上がり33秒代の末脚を使い優勝。古馬となってからは京都記念、大阪杯で2着の成績を残している。

血統解説

父クリスタルグリッターズは1980年米国産で、現役時は17戦5勝。主な勝ち鞍にはGIイスパーン賞を2回、GIIIエクリプス賞、GIIIエドモンプラン賞がある。日本では1988年から繋養され、マチカネフクキタルの他にもアブクマポーロ、ハードクリスタルといったダート巧者、またテイエムジャンボ、アルファキュートなどの芝中距離での活躍馬を輩出。母アテナトウショウは1981年静内産でシラオキ系の出身であり、母父にはトウショウボーイと日本競馬を代表するサイアーラインの流れを組んでいる。

ランキング

年次サイアー
ランキング
アーニング
INDEX
種付け
頭数
2001年--20頭
2002年--16頭
2003年--7頭
2004年661位-1頭
2005年437位-2頭
2006年211位-1頭
2007年175位2.281頭
2008年512位--
2009年501位-1頭
2010年527位--
2011年587位--
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る