馬・牧場・施設 検索

パッシングショット

写真:パッシングショット
撮影:2007/10

プロフィール

生年月日
1985年04月26日
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:27戦5勝
総収得賞金
273,459,400円
トウシヨウボーイ
タカヨシピツト
母父
ネヴアービート(GB)
生産者
浦河小林牧場 (浦河)
没年月日
H4-5-14
-
-
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

タイトル

  • 1990年最優秀4歳以上牝馬

主な戦績

  • 1990年マイルChS G1 1着
  • 1990年CBC賞 G2 1着
  • 1990年スワンS G2 2着
  • 1989年マイラーズC G2 2着
  • 1989年京王杯スプリングC G2 3着
  • 1989年京都牝馬特別 G3 2着
  • 1990年洛陽S オープン 2着
  • 1990年シルクロードS オープン 2着
  • 1989年トパーズS オープン 2着
  • 1988年ゴールデンサドルT 900万下 1着
  • 1988年逢坂山特別 400万下 1着

Information

2歳11月にデビューし、2歳時は2戦1勝。やや勝ち味に遅いところはあったが、2勝目をあげると連闘でエリザベス女王杯に挑戦(9着)したり、準オープンの身で重賞に挑戦し続けるなど、早くから素質を評価されていた。重賞初勝利は5歳6月のCBC賞で、バンブーメモリー以下を退けた。豪快な末脚を武器とし、スワンS2着のあと、10番人気で出走したマイルチャンピオンシップで圧倒的人気のバンブーメモリーを後方一気で差し切ってGⅠウイナーの仲間入りを果たした。2番人気のスプリンターズSでは、メンバー最速のあがり33秒6で追い込んだが、致命的な出遅れのため8着。そのまま繁殖牝馬となったが、初年度の種付の際に転倒して死亡してしまった。

血統解説

父トウシヨウボーイは1973年静内産、3~4歳時にJRAで10勝、年度代表馬、皐月賞、有馬記念、宝塚記念、高松宮杯。78年から種牡馬となり、82年2歳チャンピオンサイアー。主な産駒にミスターシービー(年度代表馬、三冠)、ダイイチルビー(最優秀古牝馬)、シスタートウショウ(最優秀3歳牝馬)。母タカヨシピツトは1972年浦河産、JRA1勝。半兄スナークアロー(6勝、小倉大賞典、小倉記念、小倉日経賞)、近親にハードウェイ(安田記念)。

  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/