馬産地コラム

バンブーユベントスを訪ねて~南九州市森林馬事公苑

  • バンブーユベントス~1
    バンブーユベントス~1
  • バンブーユベントス~2
    バンブーユベントス~2
  • バンブーユベントス~3
    バンブーユベントス~3
  • バンブーユベントス~4
    バンブーユベントス~4
  • 森林馬事公苑入口の看板
    森林馬事公苑入口の看板

 2003年の日経新春杯(G2)を優勝したバンブーユベントスを南九州市川辺町の南九州市森林馬事公苑に訪ねた。

 本馬は2002年1月に明け3歳でデビュー、ダート1200m戦の新馬戦を勝つと、2戦目は芝1600mのさわらび賞を勝ちクラシック戦線へと駒を進めた。毎日杯(G3)は6着に敗れたが、日本ダービー(G1)トライアルのテレビ東京杯青葉賞(G2)ではシンボリクリスエスの2着に入りダービー出走の権利を手中にした。

 日本ダービー(G1)は12着、菊花賞(G1)は7着とクラシックで結果を出すことは出来なかったが、明け4歳となった2003年、日経新春杯(G2)を勝ち重賞初制覇を果たした。父マヤノトップガンとの天皇賞(春)(G1)親仔制覇が期待されたが浅屈腱炎を発症し1年半の休養、復帰後はダートを2戦使ったが再起の願いは叶わず引退となった。通算成績11戦3勝。

 本馬の母スプリングバンブーは小倉記念(G3)の勝ち馬、叔父のバンブーマリアッチが愛知杯(G3)を制している他、半弟のバンブーボカはホッカイドウ競馬で道営記念(H1)など重賞3勝を挙げている。引退後は小倉競馬場で乗馬となり、誘導馬としてもデビューした本馬だったが、2009年に誘導馬を引退し南九州市森林馬事公苑へと移動した。

 「新潟国体(馬術)に参加した時、JRA宮崎育成場の職員さんと知り合いになり、その方からの紹介で引退名馬としてお預かりする事となりました」と語ってくれたのは森林馬事公苑乗馬インストラクターの日高太志郎さん。小倉競馬場の展示馬や誘導馬として活躍していた時も、ファンからの人気が高かったそうだが「朝から何度も誘導馬をしていると、だんだんと走りたくなってしまう気性」との事で、静かな環境のこちらへと移動して来る事となった。

 「こちらに来てからはのんびりとしていますよ。人懐っこい性格をしていますし、何頭かで放牧したときにはポニーとグルーミングしたりしていて微笑ましいですね。日経新春杯(G2)を勝った時の騎手は、鹿児島出身の四位騎手ですし、この馬がこちら(鹿児島)に来たのは何かの縁なんでしょう。競馬ファンが思い描いている『理想的な余生』を送らせてあげたいと思っています」と本馬の余生を思いやる日高さんだ。

 南九州市森林馬事公苑へのアクセスは、鹿児島市街から指宿スカイラインを通り約40分程度の距離に位置するが、晴れた日には鹿児島市街と錦江湾の桜島が見渡せる絶好の展望スポットが何箇所もある。川辺I.Cで下車し、国道225号線を枕崎方面に約1.5km進み、「温泉・鏡石湯」を左折して森の中を900m程進んだところに馬事公苑がある。「春には桜が綺麗な乗馬クラブです。皆さんもバンブーユベントスに会いに来てください」と日高さんもファンの訪問を楽しみにしている。

南九州市森林馬事公苑ウェブサイト