馬産地コラム

テイエムオペラオーを訪ねて

テイエムエースが、春の東京ハイジャンプ(JG2)に優勝。“障害に強いオペラハウス”の面目躍如といったところだろうか。「普段はネコのようにおとなしくて、手がかからない。だからかもしれないけど、産駒は丈夫な馬が多く、堅実だね。」と山口場長。メイショウサムソンの登場によって父のオペラハウスは人気を取り戻してきているが、こちらは30頭、23頭、21頭と3年連続で種付頭数を減らしてしまった。「馬はまだまだ若い。種付も上手だし、もっと人気してもよいと思うのだけど。」という。12歳といえばそろそろ円熟期。自身のような大物を期待したいところだ。