馬産地コラム

バンブーメモリーを訪ねて

バンブーメモリーは種牡馬を引退し、現在功労馬としてバンブー牧場に繋養されている。22歳になるが体の線はあまり崩れておらず、まだ若々しい。「とにかく食べることに執着しています。」と語るのは場主の武田辰紀さん。「食べて、自分で体を造っている」ともいう。種牡馬時代から、実は「あまり精力絶倫タイプではなかった。」ようで、現在も牝馬にそれほど関心を向けなくなっているという。静かに余生を送っている印象であった。