重賞ウイナーレポート

2019年03月02日 チューリップ賞 G2

2019年03月02日 阪神競馬場 晴 良 芝 1600m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ダノンファンタジー

プロフィール

生年月日
2016年01月30日 03歳
性別/毛色
牝/鹿毛
戦績
国内:5戦4勝
総収得賞金
156,369,000円
ディープインパクト
母 (母父)
ライフフォーセール(ARG) by Not for Sale(ARG)
馬主
(株) ダノックス
生産者
ノーザンファーム (安平)
調教師
中内田 充正
騎手
川田 将雅
  • ダノンファンタジーが、厩舎長となってからの初G1馬となった
    ダノンファンタジーが、厩舎長となってからの初G1馬となった
  • 休憩室には阪神JF(G1)の写真パネルも飾られていた
    休憩室には阪神JF(G1)の写真パネルも飾られていた

 今年の牝馬クラシック戦線の主役は、昨年の阪神JF(G1)組となる。その事実がこれまでのトライアルでも証明されている。

 阪神JF(G1)で2着だったクロノジェネシスが、クイーンC(G3)を優勝。そのクイーンC(G3)で2着となったビーチサンバは阪神JF(G1)では3着に入着しており、また、5着のプールヴィルもフィリーズレビュー(G2)を優勝(ノーワンと同着)している。

 その阪神JF(G1)を勝利したのが、ダノンファンタジーである。単勝1.3倍という圧倒的な1番人気を背負って出走したこのチューリップ賞(G2)。先に行われたクイーンC(G3)において、阪神JF(G1)上位2頭の強さをまざまざと見せられた競馬ファンにとっては、当然の評価だったとも言える。

 「2頭共にいいレースをしていましたし、あの結果はプレッシャーでした(笑)。それでも、ダノンファンタジーが自分のプレッシャーなど気にしない程の強いレースを見せてくれたと思います」と話すのは、ダノンファンタジーの育成を手がけた、ノーザンファーム早来の村上隆博厩舎長。チューリップ賞(G2)で見せたそのレースぶりは、改めて格の違いを感じさせるほどの強さを証明した。

 1枠1番からのスタートとなったダノンファンタジーは、後方からのレースを選択した前走とは違い、先手を奪いに来た馬を前に置く形でレースを進めて行く。

 「この馬はどのような形でも競馬ができる馬だと思っていましたし、馬群の中でも折り合いには不安はありませんでした」(村上厩舎長)

 しかしながら、後続もポジションを上げてきた最後の直線では、前が壁になっただけでなく、外からも後続馬が迫ってきたことで、行き場を失ってしまう。

 「その時はさすがにやばいと思いました。それでも川田騎手が進路を見つけてくれましたし、そのエスコートにダノンファンタジーも応えてくれました」(村上厩舎長)

 壁の外に進路を見つけたダノンファンタジーは、横移動をしながら進路を見つけると、そこからあっという間に抜け出していく。正味、末脚を使えたのは最後の一ハロンながらも、先に抜け出したシゲルピンクダイヤを交わしていくには、その距離があれば十分だった。

 「ギアが入っていくような一瞬のスピードは、やはり桁が違うと思いました。揉まれても大丈夫であることも証明できましたし、今後の競馬に生きていくレースともなったと思います」(村上厩舎長)

 約3か月の休み明けとは思えないような完璧なレースぶり。それだけに村上厩舎長は、中間の調整を担当したノーザンファームしがらき、そして、管理をする中内田調教師や厩舎スタッフへの感謝の言葉も口にする。

 この勝利で、桜花賞(G1)でも1番人気の評価を得ることになりそうなダノンファンタジーであるが、そこには同じノーザンファーム早来の育成馬でもあるクロノジェネシスとビーチサンバ、そして、デビュー戦で苦汁をなめた、グランアレグリアも出走を予定している。

 「クロノジェネシスやビーチサンバ、そしてグランアレグリアも本番に向けてまだまだ成長してくると思いますし、ノーザンファームの生産、育成馬の中にも桜花賞(G1)への出走権利を取ってきた馬もいます。同じ牧場でありながら、ライバルでもありますが、その中でダノンファンタジーが更に成長しているということを、桜花賞(G1)でも証明してもらいたいです」(村上厩舎長)