重賞ウイナーレポート

2018年08月26日 キーンランドC G3

2018年08月26日 札幌競馬場 晴 稍重 芝 1200m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:ナックビーナス

プロフィール

生年月日
2013年03月11日 05歳
性別/毛色
牝/青鹿毛
戦績
国内:27戦7勝
総収得賞金
271,378,000円
ダイワメジャー
母 (母父)
レディトゥプリーズ(USA) by More Than Ready(USA)
馬主
小松 欣也
生産者
社台ファーム (千歳)
調教師
杉浦 宏昭
騎手
J.モレイラ
  • ナックビーナスは昨年3着の雪辱を果たした。
    ナックビーナスは昨年3着の雪辱を果たした。
  • モレイラ騎手は、この勝利がJRAでの初重賞制覇となった。
    モレイラ騎手は、この勝利がJRAでの初重賞制覇となった。
  • 社台ファーム代表の吉田照哉氏の表情もほころぶ
    社台ファーム代表の吉田照哉氏の表情もほころぶ

 人馬共に初重賞制覇となった、今年のキーンランドC(G3)。鞍上を務めていたJ・モレイラ騎手は14年の安田記念(G1)(グロリアスデイズ)以来、11度目のチャレンジで。これが12度目の重賞出走となるナックビーナスは、昨年3着だった同レースの雪辱を果たす勝利ともなった。

 ナックビーナスは千歳・社台ファームの生産馬。2015年の千葉サラブレッドセールに上場されており、その時は2,160万円の評価を受けている。

 「この時、ナックビーナスを落札していただいたのが、小松(欣也)オーナーでした。育成期は小さな傷があった程度で、ほぼ獣医に診てもらったことがない程の健康優良児でした」と話すのは、社台ファームの正岡稔調教主任。この時の公開調教でナックビーナスは、1ハロンを11秒1、2ハロンを24秒5という優秀な時計で駆け抜けている。馬体重もこの時点で500㎏を越えており、デビューしてからの安定感のある活躍は、この時点から証明されていたとも言える。

 デビューから5戦続けて複勝圏を外さない走りを見せながらも、初勝利をあげたのはその5戦目となるダート1200Mの3歳未勝利戦。しかし、2勝目をあげた雪うさぎ賞に続き、オープンの葵Sも勝利と成長につれて、芝スプリントで適性の高さを示していく。

 「オープン入りしてからは重賞にも出走していたのですが、そこではもどかしいレースが続いていました。ただ、丈夫な馬だったので、必ずチャンスが来るとは思っていました」

 芝スプリントでの堅実な成績にも現れているように、逃げて良し、差しても良しと多種多様なレースを見せていたナックビーナス。このキーンランドC(G3)だったが、モレイラ騎手の選んだレースプランは「逃げ」だった。

 「それにしても鮮やかな逃げ切りでした。『マジックマン』とも言われるだけの手腕には、いつも驚かされていますが、今回も素晴らしいレースを見せてもらいました」

 この勝利も後押しする形となったモレイラ騎手は、札幌競馬場では僅か5週間、75鞍の騎乗ながら31勝で、初の札幌開催のリーディングジョッキーに輝く。そして9月29日からは短期免許で再度、日本で騎乗を行うが、30日に行われるスプリンターズS(G1)では、再び、ナックビーナスとコンビを組むことになった。

 「レースの後は牧場に戻っており、しっかりとメンテナンスを行った後に、美浦へ戻しています。いい状態でレースに臨めそうですし、スプリンターズS(G1)も楽しみです」

 昨年は出走が叶わなかったスプリンターズS(G1)であるが、今回はキーンランドC(G3)の勝利により、堂々と優先出走権を伴っての出走。今年の高松宮記念(G1)でも3着となっているように、実績面も申し分ないだけに、「マジックマン」の力を借りて、一気に初G1制覇へ突き抜けてくれそうだ。


競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/