重賞ウイナーレポート

2020年08月09日 エルムS G3

2020年08月09日 札幌競馬場 曇 良 ダ 1700m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:タイムフライヤー

プロフィール

生年月日
2015年02月01日 05歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:20戦5勝
総収得賞金
198,258,000円
ハーツクライ
母 (母父)
タイムトラベリング by ブライアンズタイム(USA)
馬主
(有) サンデーレーシング
生産者
(有)社台コーポレーション白老ファーム (白老)
調教師
松田 国英
騎手
C.ルメール
  • 牧場の看板も一新された
    牧場の看板も一新された
  • 白老ファームを巣立ったタイムフライヤーが管理された、イヤリング専門牧場の早来ファーム
    白老ファームを巣立ったタイムフライヤーが管理された、イヤリング専門牧場の早来ファーム

 昨年の夏のエルムS(G3)でダート初出走を果たしたタイムフライヤー。それから砂の上で経験を積むこと7戦目となるマリーンSで、ホープフルS(G1)以来、2年半ぶりの勝利をあげる。

 「マリーンSは2着以下を突き放した、鮮やかな勝ち方でした。力を付けてきただけで無く、母系も出てきたのでしょうが、ダートへ戦いの場を移した陣営の英断だったと思います」と話すのは、(有)社台コーポレーション白老ファームの石垣節雄氏。石垣氏にはホープフルS(G1)の後にも話を聞かせてもらっていたが、その際には、「(おじの)タイムパラドックスの活躍からしても、まだまだ成長してくれるはずです」と話していたが、タイムパラドックスがトパーズSで初のオープン勝ちをあげたのも同じ5歳の時となる。だが、タイムフライヤーはマリーンSの後に行われたエルムS(G3)を、昨年の雪辱(6着)を果たす形で見事に勝利。おじのタイムパラドックスが初めて重賞を勝った年齢(6歳時の平安S(G3))より先に、ダート重賞のタイトルを手にした。

 そのレース内容も堂々たるものだった。道中の折り合いも問題無く、次第にポジションを上げていくと、最後の直線では後方から捲ってきたウェスタールンドに2馬身差を付ける快勝。その走りは「芝のG1馬」というより、「ダートの雄」と呼びたくなるような力強さと安定感があった。

 「馬も前走の勝利で自信を付けていたのでしょうが、それでも強い競馬でした。芝を得意とするハーツクライ産駒ですが、馬体を見ても更にパワー型になった印象を受けます」(石垣氏)

 この二刀流の活躍を見ると、グレード制が始まった1984年以降では、史上6頭目となる芝、ダートのG1制覇もタイムフライヤーには期待したくなる。

 「これから更に強いメンバーとの戦いとなりますが、タイムパラドックスのような成長曲線を歩んだのならば、タイムフライヤーもまだまだ強くなってくれると思っています」(石垣氏)

 タイムパラドックスが、ジャパンカップダート(G1)で初G1制覇を果たしたのは6歳の頃。そこから8歳まで全盛期を続けたタイムパラドックスであるが、2歳時から能力を示していたタイムフライヤーは、ダート重賞初制覇に続き、ダートG1もおじより先に勝利してしまうのかもしれない。