馬産地ニュース

ウインズ札幌で「39フェスタ感謝抽選会」が行われる

  • 2018年06月25日
  • 抽選開始と共に、会場には長い列が出来上がっていた
    抽選開始と共に、会場には長い列が出来上がっていた
  • 抽選ではオーブン&トースターといった豪華賞品も
    抽選ではオーブン&トースターといった豪華賞品も
  • 待ち合わせ場所として市民からも活用された、1階のコンコース
    待ち合わせ場所として市民からも活用された、1階のコンコース
  • すでに改修工事は始まっている
    すでに改修工事は始まっている

 今年7月からのウインズ札幌A館リニューアルを前にした営業最終日となる24日、1階コンコースで「39フェスタ感謝抽選会」が行われた。

 ウインズ札幌A館は1979年3月24日に開業。札幌市内の中心部ある利便性だけでなく、快適に競馬を楽しめる「エクセルフロア」も1987年8月8日にオープンするなど、札幌市内のみならず、道央圏の競馬ファンからも長きに渡って親しまれてきた。

 開業39周年から「39フェスタ」と名付けられたこの日の感謝抽選会は、ウインズ札幌で購入した確定前の勝ち馬投票券1,000円以上を提示すると、オーブン&トースターやコンパクトホットプレートといった豪華景品が当たるくじが引けるというもの。9時20分のイベント開始と共に、前売りで勝馬投票券を購入したファンが長い列を作っていた程の大盛況となっていた。

 リニューアル後の再オープンは2021年の春を予定。その期間内もウインズ札幌B館での勝馬投票券の発売は行われていくだけでなく、アーバン札幌ビルの4階と5階ではエクセルフロアの営業も続けられる。

 リニューアル後のウインズ札幌は地下2階から地上9階、延床面積は約15,200㎡となっており、屋上には庭園も設置。また、エレベーターによるフロア移動も可能となる。市民から待ち合わせ場所としても活用されてきたコンコースや、エクセルフロアも移設されていく。工事竣工後は、現在のウインズ札幌A館に当たる「ウインズ札幌」1館での営業となるも、詳細については決まり次第発表される。

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/