馬産地ニュース

ハタノヴァンクールがアロースタッドにスタッドイン

  • 2015年12月16日
  • アロースタッドで種牡馬生活を送るハタノヴァンクール
    アロースタッドで種牡馬生活を送るハタノヴァンクール
  • 生まれ故郷のグッドラックファームからスタッドイン
    生まれ故郷のグッドラックファームからスタッドイン
  • 現役時代はジャパンダートダービー(Jpn1)、川崎記念(Jpn1)などを制した
    現役時代はジャパンダートダービー(Jpn1)、川崎記念(Jpn1)などを制した

   12月15日午後2時半頃、新ひだか町静内にあるアロースタッドに、来年から種牡馬として繋養されるハタノヴァンクール(牡6歳)がスタッドインした。静養していた生まれ故郷の日高町・グッドラックファームから移動してきたハタノヴァンクールは、出迎えたアロースタッドスタッフや(株)ジェイエス職員、報道陣に元気な姿を披露。待ちに待った新生活に向けて大きな一歩を踏み出した。

   ハタノヴァンクールは父キングカメハメハ、母ハタノプリエ、母の父ブライアンズタイムという血統。一族には2010年の天皇賞(春)(G1)を制覇したジャガーメイル、2008年のスワンS(G2)や2006年の京王杯2歳S(G2)を制覇したマイネルレーニア、1991年の京阪杯(G3)、1992年のオールカマー(G3)、小倉記念(G3)、金鯱賞(G3)などを制覇したイクノディクタスがいる。

   ハタノヴァンクールの競走成績は17戦7勝。2011年11月に栗東の昆貢厩舎からデビューすると2戦目で初勝利。年が明けて3歳になると、破竹の4連勝で2012年のジャパンダートダービー(Jpn1)を制覇して3歳ダート王に就いた。2013年には川崎記念(Jpn1)、ブリーダーズGC(Jpn2)に優勝。同年秋に左前脚浅屈腱炎が判明し、2013年11月9日付で競走馬登録が抹消された。

   現役引退後は種牡馬入りが発表されたが、2年ほど生まれ故郷で静養。コンディションが整ったことで、来年から正式に種牡馬として供用されることが決まった。

   種付料は受胎条件20万円に設定。事務局の(株)ジェイエスは「昨年暮れに一度入厩したのですが、脚の調子が良くなくて断念しました。しっかり休んでいたので、素晴らしいからだで種牡馬入りすることができました。オーナーとは2012年のデイリー杯2歳ステークス(G2)を勝ったテイエムイナズマの母をお世話するなどのお付き合いがありまして、ハタノヴァンクールも当歳のときから見ておりました。その馬が大きなレースに勝ち、当スタリオンで種牡馬生活を送ることになり嬉しく思っております。キングカメハメハの後継として期待も大きいですし、たくさん繁殖牝馬が集まればよいですね」と話していた。

 

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/