馬・牧場・施設 検索

デアリングハート

写真:デアリングハート
撮影:2008/11

  • 繋養先:社台ファーム
  • 見学可否:見学不可
    • 見学不可の馬は、その所在地を情報としてお知らせしているものです。牧場に直接問い合わせたり、訪問する行為は絶対にやめてください。

プロフィール

生年月日
2002年03月09日
性別/毛色
牝/栃栗毛
戦績
国内:26戦4勝
総収得賞金
274,862,000円
サンデーサイレンス(USA)
デアリングダンジグ(USA)
母父
Danzig(USA)
生産者
社台ファーム (千歳)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 2005年桜花賞 G1 3着
  • 2007年府中牝馬S G3 1着
  • 2006年府中牝馬S G3 1着
  • 2006年クイーンS G3 1着
  • 2005年NHKマイルC G1 2着
  • 2007年ヴィクトリアマイル Jpn1 3着
  • 2005年フィリーズレビュー G2 2着
  • 2008年TCK女王盃(中央交流) Jpn3 2着
  • 2007年クイーン賞(中央交流) Jpn3 3着
  • 2004年阪神ジュベナイルフィリーズ G1 5着
  • 2005年紅梅S オープン 3着

Information

2歳秋、京都競馬場でデビュー。初戦は惜敗するも2戦目にきっちりと勝ちあがり、キャリア2戦で挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも5着と健闘した。410キロ台の小さな馬体ながら、先行力と決め脚を武器に活躍し、フィリーズレビュー(G2)ではエアメサイアを抑えて2着。桜花賞(G1)は勝馬からコンマ1秒差3着。NHKマイルC(G1)2着と同期のラインクラフトには敵わなかったが、世代トップクラスのスピードを証明した。その後、低迷する時期もあったが古馬になって府中牝馬S(G3)2連覇など古馬牝馬戦線で長く活躍した。

血統解説

父サンデーサイレンスは1986年、米国産。米年度代表馬、9勝、ケンタッキーダービー(G1)、ブリーダーズCクラシック(G1)など。91年から日本で種牡馬となり95年~07年総合チャンピオンサイアー。94、95、97~05年2歳チャンピオンサイアー。06、07年チャンピオンブルードメアサイアー。おもな後継種牡馬にディープインパクト、ハーツクライ、フジキセキ、アグネスタキオン。母デアリングダンジグは1990年、米国産。不出走。半兄ピットファイター(武蔵野S(G3)、アンタレスS(G3)、マーキュリーC(G3))エクトンパーク(米6勝、スーパーダービー(G1)、ジムダンディS(G2))祖母インペジュアスギャル(アーリントンメイトロンH(G2))。

産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/