馬・牧場・施設 検索

ファストフレンド

写真:ファストフレンド
撮影:2007/10

プロフィール

生年月日
1994年05月12日
性別/毛色
牝/栗毛
戦績
国内:38戦15勝
総収得賞金
661,268,000円
アイネスフウジン
ザラストワード
母父
ノーザンテースト(CAN)
生産者
中前 義隆 (門別)
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 2000年東京大賞典(中央交流) G1 1着
  • 2000年帝王賞(中央交流) G1 1着
  • 2000年東海S G2 1着
  • 2000年エンプレス杯(中央交流) G2 1着
  • 2000年東海菊花賞(中央交流) G2 1着
  • 1999年エンプレス杯(中央交流) G2 1着
  • 1999年スパーキングレディーC(中央交流) G2 1着
  • 1999年マリーンC(中央交流) G3 1着
  • 1999年クイーン賞(中央交流) G3 1着
  • 2000年フェブラリーS G1 3着
  • 1999年東京大賞典(中央交流) G1 2着
  • 2001年川崎記念(中央交流) G1 2着
  • 2000年川崎記念(中央交流) G1 3着
  • 2001年オグリキャップ記念(中央交流) G2 3着
  • 1999年武蔵野S G3 3着
  • 2000年ジャパンCダート G1 5着
  • 2000年マイルChS南部杯(中央交流) G1 4着
  • 1999年霜月S オープン 1着
  • 1999年オアシスS オープン 3着
  • 1999年アレキサンドライトS 1600万下 1着
  • 1998年欅S 1600万下 1着

Information

3歳5月に東京競馬場でデビュー。初勝利は同年秋にまでずれ込んだが、以降は順調にキャリアを重ねて5歳4月の交流重賞・マリーンCで重賞初勝利を飾る。また、6月のスパーキングレディーCからエンプレス杯、クイーン賞と南関東の重賞3連勝を記録した。6歳の東海SでJRA重賞初勝利をあげたあと帝王賞に優勝。先行して力強く抜け出す脚質は危なげないもので、その年の暮れには東京大賞典を一番人気に応えて先頭ゴールイン。重賞9勝のうち8勝までが地方交流重賞で、砂の女王と呼ばれた。

血統解説

父アイネスフウジンは1987年浦河産、4勝、JRA賞最優秀2歳牡馬、同3歳牡馬。ダービー、朝日杯3歳S、共同通信杯。主な産駒にイサミサクラ(小倉日経オープン、北九州短距離S、葵S)。母ザラストワードは1987年門別産、4勝、東雲賞。半弟エクセシヴワード(7勝、マリーンS、灘S、節分賞、G3エルムS4着)。祖母グロリアウェーブは2勝。近親アマノサクシード(3勝、祇園特別、あやめ賞)、ライフセーバー(樹氷賞)。

産駒

  • 馬名をクリックすると詳細がJBIS-Searchで閲覧できます。
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/