馬・牧場・施設 検索

カミノクレッセ

写真:カミノクレッセ
撮影:2008/12

プロフィール

生年月日
1987年05月30日
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:31戦9勝
総収得賞金
437,257,600円
アンバーシヤダイ
シヨウワロマン
母父
コインドシルバー(USA)
生産者
昭和牧場 (浦河)
没年月日
H26-7-8
-
-
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る

主な戦績

  • 1992年日経新春杯 G2 1着
  • 1992年安田記念 G1 2着
  • 1992年天皇賞(春) G1 2着
  • 1991年天皇賞(秋) G1 3着
  • 1992年宝塚記念 G1 2着
  • 1992年阪神大賞典 G2 2着
  • 1991年札幌記念 G3 3着
  • 1991年ブリーダーズGC A 1着
  • 1991年タイムス杯 オープン 1着
  • 1991年シーサイドS オープン 1着
  • 1991年エルムS 1500万下 1着
  • 1991年橿原S 1500万下 1着

Information

3歳2月に阪神競馬場でデビュー。芝がまったくダメだったわけではないが、長く使えるよい脚を武器に、デビュー当初はダート競馬を得意としていた。4歳秋、ダートのオープン競走を連勝して挑んだ天皇賞(秋)(G1)は不良馬場とメジロマックイーンの降着によって3着。一息いれて、年明けの日経新春杯(G2)を勝つと、阪神大賞典(G2)、天皇賞(春)(G1)、安田記念(G1)、宝塚記念(G1)と4戦連続2着して幅広い距離適性と芝への対応能力の高さを見せた。その後、慢性化した脚部不安によって念願のG1獲りはならなかったが、シルバーコレクターとして多くの人の記憶に残っている。

血統解説

父アンバーシャダイは1977年、早来産。11勝、有馬記念、天皇賞(春)、AJC杯、目黒記念(秋)。おもな産駒にメジロライアン(宝塚記念(G1)、弥生賞(G2)、日経賞(G2)、京都新聞杯(G2))ベストタイアップ(東京新聞杯(G3)、中山金杯(G3)2回)カンファーベスト(朝日チャレンジC(G3)、関屋記念(G3))カネトシガバナー(神戸新聞杯(G2))レインボーアンバー(弥生賞(G2))。母ショウワロマンは1981年、浦河産。出走馬。産駒にカミノクレモナ(JRA5勝、タイムス杯)おばヒロノダイヤ(JRA4勝)おいエアガッツ(ラジオたんぱ賞3歳S(G3)、朝日杯3歳S(G1)3着)近親シーザー(宝塚記念、鳴尾記念、目黒記念など)エビスオール(阪神4歳牝馬特別)オカメ(アメリカJCC2着)。

ランキング

年次サイアー
ランキング
アーニング
INDEX
種付け
頭数
1994年--16頭
1995年--8頭
1996年--3頭
1997年654位-3頭
1998年476位--
1999年396位--
2000年381位--
2001年420位--
2002年656位--
2003年602位--
2004年628位--
2005年780位--
  • この馬の詳細データをJBIS-Searchで見る