馬産地コラム

スティルインラブ2007


8月2日、突然天国へ駆けて行ってしまったスティルインラブが、ただ1頭遺した忘れ形見。まだあどけない顔付きに凛とした眼、彼は大人の表情をしていた。下河辺行雄さんは「母親の具合が悪くなった頃にはもう離乳が進んでいたので、いきなり離されてパニックになることがなかったのは良かったです。離乳の後も騒いだりせずにどっしり構えていて、状況が把握できる頭のいい仔ですね。スティルはサンデーサイレンス産駒の中でも堂々としていたのでお母さんに似た気性なんでしょう。顔も良く似てるでしょ?とにかく無事に成長して欲しいですね。」と目を細めていた。

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/