重賞ウイナーレポート

2017年07月23日 函館2歳S G3

2017年07月23日 函館競馬場 晴 良 芝 1200m このレースの詳細データをJBIS-Searchで見る

優勝馬:カシアス

プロフィール

生年月日
2015年03月27日 02歳
性別/毛色
牡/鹿毛
戦績
国内:3戦2勝
総収得賞金
39,360,000円
キンシャサノキセキ(AUS)
母 (母父)
ラブディラン by Dylan Thomas(IRE)
馬主
(株) カナヤマホールディングス
生産者
谷岡牧場 (静内)
調教師
清水 久詞
騎手
浜中 俊
  • 放牧地でのんびり過ごす母ラブディラン
    放牧地でのんびり過ごす母ラブディラン
  • サマーセールに上場予定の半弟(父スクリーンヒーロー)
    サマーセールに上場予定の半弟(父スクリーンヒーロー)
  • サマーセールに上場予定の半弟(父スクリーンヒーロー)
    サマーセールに上場予定の半弟(父スクリーンヒーロー)
  • 今年生まれた母ラブディランの当歳(牝・父スマートファルコン)
    今年生まれた母ラブディランの当歳(牝・父スマートファルコン)
  • 牧場看板
    牧場看板

   世代最初の重賞となる第49回函館2歳ステークス(G3)が7月23日に函館競馬場で行われ、1番人気に支持されたカシアスが早め先頭から押し切りを図るウインジェルベーラをゴール直前に頭差で交わし、2015年生まれ世代のJRA重賞1番乗りを果たした。

   カシアスは父キンシャサノキセキ、母ラブディランの間に産まれた2歳牡馬。同馬を生産したのは新ひだか町静内にある谷岡牧場。年度代表馬の座に輝いたサクラローレルやダービー馬サクラチヨノオーなど「サクラ」の冠名で知られる名馬を数多く輩出してきた名門牧場だ。

   当日、函館競馬場でカシアスの勇姿を見届けていたという谷岡康成社長に話を伺うと「育成の時から動きは良いと聞いていたので期待していたのですが、重賞ともなると相手があってのことなので話は別。日高の馬には中々チャンスが巡ってこないですし、牧場としても久々の重賞勝ちだったので本当に嬉しいです」と喜びを噛み締めながら、続けてカシアスが誕生するまでの経緯を語ってくれた。

   「母ラブディランの近親に高松宮記念(G1)を勝ったファイングレインがいたので、どこかでフジキセキの系統は種付けしてみようと考えていたんです。でもその頃すでにフジキセキは種牡馬を引退していて、替わりに候補に上がったのがキンシャサノキセキでした。ちょうど産駒がデビュー直前ということもあって種付料も安かった(当時120万円=受胎確認後支払)ので配合を決めました。ラブディラン自身、競走成績を残せなかったということもあって、種牡馬は種付料の手頃な馬か持ち株で済ませていましたが、仔出しはとても優秀で脚元も皆しっかりしている。カシアスは2番仔ですが、毎年良い仔を出してくれるので、来年あたりからは種付料の高い種牡馬も候補に入れてあげないといけませんね(笑)」とジョーク交じりに応える谷岡社長だったが、産まれてきたカシアスには当初から期待をしていたようだった。

   「当歳の頃からトモのボリュームは一際目立っていて、いかにも短距離馬という体型でした。父の影響を上手く引き継いでいて『ああ、良い馬が産まれたな』と当時から思っていました。母は気の強いタイプで放牧地でもボス的存在だったのですが、カシアスもそう。当時からとにかくヤンチャで気が強くて、牡馬のグループの中でもあっという間に群れのボスになっていました。うちの牧場では当歳から積極的に昼夜放牧を取り入れているのですが、その効果もあってかとにかく丈夫に育ってくれました」

   1歳の夏まで生まれ故郷で過ごしたカシアスは、その後吉澤ステーブルに移動してデビューに向けて本格的な育成を行うことになる。「春先くらいかな?動きも良いし期待できそうと人づてに聞きました。とにかく何事もなく順調に進めることができたのが結果的に成功に繋がったんだと思いますよ」母ラブディランはまだ8歳と若く、今後の活躍がますます期待されるが、カシアスのひとつ下はスクリーンヒーローの牡馬、今年生まれた当歳はスマートファルコンの牝馬。そして現在はリオンディーズを受胎しているのだという。

   「今年1歳のスクリーンヒーローの牡馬は今月のサマーセールに上場を予定しています。こちらも兄に負けず劣らず良い馬ですよ。父が替わったのでタイプは全く違いますが、それでも気の強いところはやはり母親譲りなんだと思います」

   現在カシアスは秋に向けて充電中だそうだ。今後の予定について谷岡社長に尋ねると「年内はあと2走と聞いています。この血統なので、もちろん最大目標は朝日杯FS(G1)だと思いますよ。マイルにも対応できるようであれば今後の選択肢が広がっていきますし、いずれ大きなタイトルに手が届くようになってくれたら良いのですけどね」

   2歳重賞の一番星となったカシアスの競走生活はまだまだ序章の幕が開いたばかり。今後のさらなる飛躍と、名門谷岡牧場の新たなページを刻み続けることを願ってやまない。


競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/