馬産地ニュース

平成29年度北海道競馬記者クラブ・北海道地方競馬優秀賞表彰式開催

  • 2018年01月18日
  • 表彰を受けた喜びの受賞者
    表彰を受けた喜びの受賞者
  • 挨拶する大野克之北海道農政部競馬事業室長
    挨拶する大野克之北海道農政部競馬事業室長
  • 平成29年度北海道競馬記者クラブ賞の記念撮影
    平成29年度北海道競馬記者クラブ賞の記念撮影

 1月17日、北海道農政部と北海道競馬記者クラブは合同で、ホッカイドウ競馬で活躍した馬及び関係者を表彰する「平成29年度北海道競馬記者クラブ・北海道地方競馬優秀賞表彰式」を、札幌市中央区にあるホテル札幌ガーデンパレス2階「孔雀」において開催した。

 表彰式には馬主や調教師・騎手・厩務員といった厩舎関係者のほか、ホッカイドウ競馬を主催する大野克之北海道農政部競馬事業室長、ホッカイドウ競馬を運営する笠原鉄也北海道軽種馬振興公社専務理事、松平孝事務局長、北海道競馬記者クラブ、報道陣らが出席した。

 表彰式で北海道競馬記者クラブ代表幹事社道新スポーツの原田裕之編集本部整理部長は「受賞者の皆様おめでとうございます。昨年は10月に金沢で行われた金沢シンデレラカップ、11月に水沢で行われた南部駒賞とプリンセスカップでは、ホッカイドウ競馬所属馬が、1着から3着を独占するという快挙を、3回も達成されました。これはひとえに、ホッカイドウ競馬のレベルの高さを象徴する出来事であり、皆様方の日頃の精進、努力の賜物であると思います。今後とも皆様方の発展とホッカイドウ競馬の清栄をお祈りいたします」と挨拶。大野競馬事業室室長は「本日お集まりの受賞者皆様、本当におめでとうございます。また、ホッカイドウ競馬記者クラブ各社の皆様には、引き続きホッカイドウ競馬への支援をいただき、この場をお借りしてお礼申し上げます。皆様ご存じのとおり、中央競馬、地方競馬とも、軒並み発売成績が良い状況でございます。おかげさまで、ホッカイドウ競馬につきましても、間違いなく黒字ということです。ホッカイドウ競馬はほかのところと違いまして、ほかの地方競馬や中央競馬の札幌などで良い成績を収めており、馬自体は確実に強くなってきてます。そういう中で、これからホッカイドウ競馬は、どう生き残っていくか、今何をすべきか、毎日のように考えておりますが、なかなか答えが出てきません。ただ、ホッカイドウ競馬はほかの地方競馬とは違い、強い馬が出てくるというのと、生産地にある競馬という2つの利点があります。生産地と連携して、この2つを追求し続けていけば、ホッカイドウ競馬はまだまだ伸びていけると思います。この売り上げがいい時にこそ、そこの部分に力を注いで、ファンの皆様に支えていただけるような下地を作っていきたい」と抱負を述べた。

 北海道記者クラブ表彰では、最多獲得賞金の田中淳司調教師と阿部龍騎手が平成29年度北海道競馬記者クラブ賞を受賞。ほかスポーツ紙各社からも、受賞者にそれぞれの賞が贈られた。また、北海道地方競馬優秀賞の表彰は、優秀調教師、騎手、厩務員のほか、レコード賞の対象者が表彰された。

 最後にすべての受賞者を代表して田中淳司調教師は「本日は、私どものために、このような表彰式を催していただき、心よりお礼申し上げます。ここ数年のホッカイドウ競馬は、発売金額が7年連続で前年を上回るなど、順調に推移しており、また、ホッカイドウ競馬所属馬が全国で活躍するなど、明るい話題が増えてまいりました。平成30年以降もホッカイドウ競馬が一層発展するよう、厩舎関係者が一丸となり努力していきますので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます」と謝辞を述べた。

 受賞者は下記の通り(敬称略)。

『北海道競馬記者クラブ』

■平成29年度北海道競馬記者クラブ賞(最多収得賞金調教師及び騎手)

調教師:田中淳司

騎手:阿部龍

■スポーツニッポン『特別賞』

ダブルシャープ号

■道新スポーツ『年度代表馬賞』

(2歳)ストロングハート号

馬主:(有)グランド牧場

調教師:角川秀樹

(3歳以上)オヤコダカ号

馬主:森永正志

調教師:米川昇

■報知新聞『リーディングトレーナー賞』

(最多勝利調教師)田中淳司

■日刊スポーツ『リーディングジョッキー賞』

(勝利数上位3騎手)

第1位:桑村真明

第2位:阿部龍

第3位:服部茂史

『平成29年度北海道地方競馬優秀賞』

■優秀調教師賞

(1)勝利度数

第1位:田中淳司

第2位:角川秀樹

第3位:小野望

(2)勝率

第1位:田中淳司

第2位:角川秀樹

第3位:小野望

■優秀騎手賞

(1)勝利度数

第1位:桑村真明

第2位:阿部龍

第3位:服部茂史

(2)勝率

第1位:宮崎光行

第2位:桑村真明

第3位:服部茂史

※選定基準:勝利度数・勝率でそれぞれ順位をつけ、ホッカイドウ競馬の基準で各上位3名を決定

■優良きゅう務員賞

新開友子(山口竜一きゅう舎)

蜂谷悠将(松本隆宏きゅう舎)

諸戸新一(桧森邦夫きゅう舎)

※選定基準:経験年数、勤務態度等を配慮し、13名の推薦者の中から3名を選定

■レコード賞

・サラ系3歳以上 門別1,200m ニシケンモノノフ号

(タイム1.09.4)

馬主:西森鶴

調教師:庄野靖志

騎手:横山典弘

厩務員:大野恭平

・サラ系3歳以上 門別1,600m ジュエルクイーン号

(タイム1.39.8)

馬主:杉山忠国

調教師:田中正二

騎手:五十嵐冬樹

厩務員:橘龍也

※選定基準:本年度にレコードタイムで入線した、区分別、開催場別、距離別の最終レコードタイム馬の関係者

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/