馬産地ニュース

スマートファルコンがレックススタッドに移動

  • 2017年12月08日
  • レックススタッドに移動したスマートファルコン
    レックススタッドに移動したスマートファルコン
  • 現役時代はダートグレード競走19勝を記録
    現役時代はダートグレード競走19勝を記録
  • 2018年の種付料は受胎条件50万円(フリーリターン特約付)
    2018年の種付料は受胎条件50万円(フリーリターン特約付)

 12月3日午前11時30分頃、安平町早来源武にある社台スタリオンステーションに繋養されていたスマートファルコンが、新ひだか町静内目名にあるレックススタッドに移動した。

 スマートファルコンは父ゴールドアリュール、母ケイシュウハーブ、母の父ミシシッピアンという牡12歳の栗毛。静内町目名の岡田スタッドの生産馬で、半兄には1999年の東京大賞典(G1)優勝馬のワールドクリークがいる。

 競走成績は34戦23勝。大川徹氏の所有馬、栗東の小崎憲厩舎の管理馬として、2歳から7歳まで走り、2010年、2011年のJBCクラシック(Jpn1)、東京大賞典(G1/Jpn1)などを制覇した。

 2013年から社台スタリオンステーションで種牡馬入り。これまでに2世代がデビューし、82頭が勝利をあげている。

 スマートファルコンはこの日、ブリーダーズ・スタリオン・ステーションへの移動が決まったヴィクトワールピサと同じ馬運車で移動。猛吹雪をものともせず元気な姿でレックススタッドに到着した。

 スマートファルコンを出迎えた(株)レックスは「ダート重賞19勝という素晴らしい経歴を持つスマートファルコンを迎え入れることができうれしいです。産駒もダートで活躍していますから、これからが楽しみです。ゴールドアリュールの後継として頑張ってほしいですね」と期待した。

 2018年の種付料は受胎条件50万円(フリーリターン特約付)と決定している。

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/