馬産地ニュース

藤田伸二氏が新冠で講演会

  • 2017年11月30日
  • 新冠町で開かれた藤田伸二氏の講演会
    新冠町で開かれた藤田伸二氏の講演会
  • 「すべての人に感謝」をテーマに話す藤田伸二氏
    「すべての人に感謝」をテーマに話す藤田伸二氏
  • 新冠町民や競馬ファンなどが駆けつけた
    新冠町民や競馬ファンなどが駆けつけた

 11月29日夜、元JRA騎手の藤田伸二氏が、新冠町中央町にある新冠町レ・コード館町民ホールにおいて、「すべての人に感謝」と題した講演会を行った。

 この講演会は平成29年度NPO法人レ・コード館自主企画委員会事業で新冠町教育委員会が後援。会場には町民や藤田氏の同級生のほか、札幌市や埼玉県から多くのファンが駆けつけた。

 藤田氏は1972年新冠町出身。1991年にJRA騎手免許を取得。デビュー年は39勝をあげJRA賞最多勝新人騎手、最多勝利新人騎手賞、関西放送記者クラブ賞新人騎手賞を受賞した。翌1992年にはタケノベルベットでエリザベス女王杯(G1)を制覇しG1初制覇し、1996年にはフサイチコンコルドで日本ダービー(G1)を制覇しダービージョッキーになった。2004年にはJRA騎手としての活躍で新冠町民栄誉賞を受賞した。現役時代はフェアプレーの騎手として知られ、フェアプレー賞、特別模範騎手賞を幾度となく受賞。2015年9月にファンや馬主、厩舎関係者に惜しまれながら騎手を引退。JRA通算1918勝(重賞93勝)をあげた。現在は札幌市で飲食店などを経営している。

 藤田氏は新冠町で育った幼少期の話、騎手を目指した動機、静内の牧場で働いていた当時の話、騎手になってからの逸話、騎手をやめた理由、今年地方競馬の騎手試験を受けた話などを披露。新冠や静内の人に応援されて騎手になれ、騎手になってからは周囲の人に恵まれて成績を残せたと感謝した。

 ファンの皆様からの声があれば来年も地方競馬の騎手試験を受けようかと思っていると明かすと会場からひときわ大きな拍手が起こり、「難しいのはわかっていますが応援してください」と前向きな姿勢を見せた。会場に訪れたファンからの質問にもエピソードを交えながら気さくに答え、最後は「私を育ててくれた新冠や静内、馬産地日高の馬が活躍してくれることを祈っています」と地元にエールを送った。

競走馬のふるさと案内所 モバイル

ケータイ版
ふるさと案内所
QRコードで
簡単アクセスhttp://uma-furusato.com/m/